画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三菱地所とENEOSグループが千葉・船橋で共同開発の物流施設が竣工、日通が1棟借り

三菱地所とENEOSグループが千葉・船橋で共同開発の物流施設が竣工、日通が1棟借り

2.4万㎡、京葉道路ICから500mに立地

三菱地所は12月24日、ENEOSグループのENEOS不動産と共同で開発してきたボックス型物流施設「ロジクロス船橋」(千葉県船橋市)が同日竣工したと発表した。日本通運が1棟借りする。

S造の地上4階建て、延べ床面積は約2万3700平方メートル。京葉道路の船橋ICから約 500メートル、東関東自動車道の湾岸市川ICから約1.8キロメートルに位置している。首都圏全域をカバーできると見込む。


「ロジクロス船橋」の外観

東京港から25キロメートル圏内、羽田空港から35キロメートル圏内、成田空港からも 50キロメートル圏内で港湾・空港へのアクセスに強みを持つ。京成本線の海神駅より徒歩17分、JR京葉線の二俣新町駅より徒歩20分。

将来事務所造作対応エリア、垂直搬送機増設エリアをあらかじめ設けるとともに、倉庫に面した十分な面積の設備用バルコニーを実装するなど、入居テナントの拡張性に備えた仕様を採用している。

さらに、バースエリアに荷受室やサテライト事務室、ドライバー用休憩室など様々な場面での利用が可能な約25平方メートルの多目的室を設けている。

休憩室とエントランスは「ロジクロス船橋」が立地している海神エリアの地名に由来する海をモチーフとした色彩と、人や物の流れをイメージした物流施設らしい直線的なラインをデザインしている。


休憩室


庫内


エントランス


所在地(いずれも三菱地所リリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事