画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三井物産都市開発、神奈川・愛川町で野村不動産と3.7万㎡の物流施設を共同開発

三井物産都市開発、神奈川・愛川町で野村不動産と3.7万㎡の物流施設を共同開発

23年1月末竣工見込む

三井物産都市開発は1月11日、神奈川県愛川町で、野村不動産と共同開発している物流施設「(仮称)愛甲郡愛川町プロジェクト」の工事をスタートしたと発表した。

RCS造(柱鉄筋コンクリート造、梁鉄骨造)の地上5階建て、延べ床面積は3万6667平方メートルを計画。竣工は2023年1月末を見込む。

東京都心から50キロメートル圏の神奈川県内陸部に位置し、圏央道の相模原愛川ICから約3.5キロメートル、神奈川県央を縦断する国道129 号線から約1.5キロメートル、首都圏環状道路の国道16 号線から約10キロメートル。首都圏向けの地域配送から東名高速道路などを活用した広域配送拠点としても活用できるとみている。


新施設の完成イメージと所在地(三井物産都市開発プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事