画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

商船三井、波力発電装置手掛ける英ボンボラウェイブパワーに出資

商船三井、波力発電装置手掛ける英ボンボラウェイブパワーに出資

関係強化し日本でも事業化目指す

商船三井は1月21日、波力発電装置の開発・製造を手掛ける英Bombora Wave Power(ボンボラウェイブパワー)に出資したと発表した。具体的な出資額は開示していない。

商船三井は2020年からボンボラと協業しており、出資で関係を強化する。これまで検討してきた日本と周辺地域に加え、欧州でも膜型波力エネルギー変換装置 mWaveTM(エムウェイブ)を用いた波力発電の事業化を目指す。

ボンボラは波力発電装置と波力発電装置を組み合わせる「InSPIRE(インスパイヤ)」構想を進めている。商船三井からの出資金を、今後数カ月以内に英国ウェールズ沖で実施する1.5メガワット級のmWaveTMを用いた発電実証実験などに活用する。

日本でも波力発電事業の開発を目指し、mWaveTMとInSPIREに適した場所の選定に向けた調査を始める。


InSPIREのイメージ。mWaveTMを浮体式風力タービンと統合して自然エネルギーを最大限活用し、エネルギーコストの削減を目指す(商船三井プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事