画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ヤマトとKDDIなど、デジタルキーで解錠し自家用車のトランクへ配送する実証実験

ヤマトとKDDIなど、デジタルキーで解錠し自家用車のトランクへ配送する実証実験

4月末まで、受け取り方の多様化目指す

KDDI、ヤマト運輸、プライム ライフ テクノロジーズは2月1日、国内で初めてスマートフォンを自動車の鍵にするデジタルキーを活用したトランクへの荷物配達実証実験を同日始めたと発表した。期間は4月30日までの予定。

実証参加者の自家用車にデジタルキーで解錠可能な専用デバイスを設置。参加者がECサイトから商品を購入、ヤマト運輸のEC向け配送サービス「EAZY」で配達場所を「車内への置き配」に指定すると、配達員が車両のトランクなどをデジタルキーで解錠し、商品を配送する。

今回の実証ではトヨタ自動車からデジタルキーの提供を受けており、参加者は東京都と愛知県の一戸建てに居住し、かつトヨタの車両を所有していることが条件。

KDDIは本実証をスピーディーに低コストで実現するためのスマホアプリとIoTサービスプラットフォームを組み合わせたシステムを提供。今後は同システムを自動車業界に加え、様々な業界の法人顧客に提供することで、ビジネス課題の解決や利便性向上に寄与する。

ヤマトはデジタルキーを活用した多様な受け取り方法の検討を進め、これまでオートロックのあるマンションでの実証実験などを進めてきた。同実証を通じてデジタルキーを活用した新たなオペレーションの実現性を検証し、今後はヤマトが開発した複数社のデジタルキーを同時に管理できるマルチデジタルキープラットフォームと連携させることで、新たな受け取り方を提供。多様化する受け取りニーズに応えていくことを目指す。

プライム ライフ テクノロジーズは、ビジョンに掲げる「いつでもどこにいても 人と社会がつながるまちづくり」を実現する技術としてデジタルキーの活用に注力。同実証においては、実施エリアの提案と参画者とのマッチングなどを行う。今後も多様な業種業態との連携を深め、利便性の高い、より良い暮らしの実現を目指す。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事