画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日本GLPが岡山・総社で3棟目の物流施設完成、日本郵便など4社入居で満床稼働

日本GLPが岡山・総社で3棟目の物流施設完成、日本郵便など4社入居で満床稼働

3.2万㎡、西日本広域カバー可能に

日本GLPは3月18日、岡山県総社市で新たな物流施設「GLP岡山総社Ⅲ」が完成したと発表した。同市内で3棟目となる。

日本郵便、ダイレクトマーケティングを手掛けるジップ(岡山県瀬戸内市)、物流企業のダイオーロジスティクス(愛媛県四国中央市)、理美容業界の総合商社の滝川(東京都台東区)が入居を決めており、竣工前に100%稼働が内定している。

「GLP岡山総社Ⅲ」は地上3階建て、3万2392平方メートル。既に稼働している「GLP岡山総社Ⅰ」「GLP岡山総社Ⅱ」に隣接している。

両備グループが開発した岡山総社IC流通センター内に立地。岡山自動車道の岡山総社ICに近接しており、山陽自動車道へのアクセスも良好で、西日本エリアを広くカバーできると見込む。

汎用性の高い基本的な倉庫仕様に加えて、1階の床耐荷重を強化。両面バースを備えることで物流業務の効率化を後押しするほか、出幅約5.5メートルの庇と高さ約5.2メートルのオーバースライダーをトラックバースに設け、雨天時にも作業しやすくする。

従業員やトラックドライバーが利用できるコンテナハウス型の休憩スペースを屋外に設置し、働きやすい環境の整備に努める。太陽光発電を自家消費した環境配慮型の施設として運営する。

「GLP岡山総社I」「GLP岡山総社II」と一体運用することで、カフェテリア・売店、駐車場などの共用サービスを使えるほか、緊急時の免震施設としての管理機能や防災機能を連携させ、テナント企業の円滑で安心・安全な施設運営をサポートする。

「GLP岡山総社Ⅲ」内で同日記者会見した日本GLPの帖佐義之社長は、総社市で4棟目を開発する可能性について問われたのに対し「これまで良い結果を残せているので、ご縁があればぜひお願いしたい」と意欲をのぞかせた。


「GLP岡山総社Ⅲ」の外観


左から「GLP岡山総社Ⅲ」「GLP岡山総社Ⅰ」「GLP岡山総社Ⅱ」(日本GLP提供)

■施設概要
施設名:「GLP岡山総社III」
所在地:岡山県総社市
敷地面積:21,583.19㎡
延べ床面積:32,392.86㎡
構造:地上3階/耐震・鉄骨造
着工:2021年5月
竣工:2022年3月
認証取得:CASBEE認証

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事