画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

アスクル、サプライチェーンの“炭素中立”など柱とする経産省「GXリーグ基本構想」に賛同表明

アスクル、サプライチェーンの“炭素中立”など柱とする経産省「GXリーグ基本構想」に賛同表明

実装に向けた議論に参加へ

アスクルは3月31日、経済産業省が公表した「GXリーグ基本構想」に賛同すると発表した。

GXリーグは、事業活動から出る温室効果ガスを減らすため再生可能エネルギーの活用などを進める「GX(グリーントランスフォーメーション)」へ積極的に取り組む企業群が、官・学・金融の各領域でGXに向けた挑戦を行うプレーヤーとともに、一体として経済社会システム全体の変革のための議論と新たな市場の創造のための実践を行う場として機能させる。

「GXリーグ基本構想」は、GXリーグの実装に向けた詳細設計の議論と取り組みの実証を2022年度に進めるため、GXリーグがどのような世界観を目指し、どのような企業群とともにどのような取り組みを、どのようなスケジュールで進めていくべきか、といった点についての基本的な指針を示している。

①排出削減の目標設定と取り組みの公表②サプライチェーンの“炭素中立”に向け、関係者への取り組みの呼び掛けも含めた活動の推進③環境負荷が低いグリーン製品の積極的かつ優先的な購入などで市場のグリーン化を牽引――の3点が柱となっている。

アスクルは同構想の方向性に賛同、GXリーグの実装に向けた議論と取り組みの実証のための準備に参加する方針。

(藤原秀行)

政策カテゴリの最新記事