画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

丸和運輸機関など、仙台で帰宅困難者受け入れなど可能なオフィスビル生かした企業防災支援へ

丸和運輸機関など、仙台で帰宅困難者受け入れなど可能なオフィスビル生かした企業防災支援へ

産学官連携、震災の経験踏まえBCP推進も

丸和運輸機関は4月15日、仙台市や国立大学法人東北大学災害科学国際研究所、フクダ・アンド・パートナーズと「仙台長町未来共創センターを活用した企業防災等の推進に関する協定書」を4月6日付で締結したと発表した。

同センターはフクダ・アンド・パートナーズが開発したオフィスビル。再生エネルギー由来の電力を100%活用するなど、脱炭素に注力している。災害が起きた際は地域のための防災施設として運用し、帰宅困難者の受け入れなどを予定している。

協定は同センターを基に、4者がそれぞれ知見を持ち寄り、東日本大震災の経験も踏まえ、企業の防災活動やBCP(事業継続計画)推進などを図ることを盛り込んでいる。

併せて、同センターの2階フロアに「AZ-COM BCPギャラリー」を開設、丸和運輸機関が取り組んでいるBCP物流などに関して情報を発信していく拠点にする。備蓄品も保管している。


協定を締結した(左から)フクダ・アンド・パートナーズの福田哲也社長、丸和運輸機関の和佐見勝社長、仙台市の郡和子市長、東北大学災害科学国際研究所の今村文彦所長、丸谷浩明副所長


センターの外観


AZ-COM BCPギャラリー(いずれもプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事