画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三井倉庫グループ、CO2排出量算定サービスが第三者機関から妥当性評価取得

三井倉庫グループ、CO2排出量算定サービスが第三者機関から妥当性評価取得

物流合理化の提案にもつなげたい考え

三井倉庫グループは4月26日、持続可能な物流構築を支援するサービス「三井倉庫SustainaLink」の提供メニューの1つ、「CO2排出量算定」について、第三者評価機関のNVビジネス・アシュアランス・ジャパンから、温室効果ガス排出量算定の妥当性確認・検証に関するルールを定めた仕様・手引き「ISO14064-3」に基づいた妥当性評価を取得したと発表した。

今回評価を取得した「CO2排出量算定」は顧客が展開している物流業務から生じるCO2排出量を可視化。日本国内を含む国際物流を対象とし、国際的なガイドラインなどに基づいた客観的な計算結果として提示している。妥当性評価を得たことを広くアピールし、排出量可視化にとどまらず、物流合理化による排出量削減の提案などにつなげていきたい考え。

(藤原秀行)※写真はプレスリリースより引用

その他カテゴリの最新記事