画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

AI活用した自動配車管理システムのLogpose Technologies、米マイクロソフトのスタートアップ支援プログラムに採択

AI活用した自動配車管理システムのLogpose Technologies、米マイクロソフトのスタートアップ支援プログラムに採択

アルゴリズム開発でクラウド「Azure」活用へ

AIを用いた自動配車管理システム「AI 自動配車アシスタントLOG」を手掛けるスタートアップのLogpose Technologies(ログポーステクノロジーズ、東京都渋谷区 )は5月9日、米マイクロソフトが提供しているスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されたと発表した。


(Logpose Technologies提供)

採択を受け、自動配車アルゴリズムの開発に際してマイクロソフトが展開しているクラウドプラットフォーム「Azure(アジュール)」を活用する予定。

「AI自動配車アシスタント LOG」は運送会社が日々行っている配車管理・配送計画作成業務をAIで自動化するシステム。ドライバーの勤怠や配送時間指定、車格指定といった複雑な制約条件を加味した配車組みを、数十秒〜数分程度で最適に出力できるのが特徴。

近くの車両と配送先をマッチングさせるアルゴリズムを搭載し、複数拠点にまたがる複雑な配車計画も一括で作成できるのが強み。2021年6月から「LOG Algorithm」を活用して複数の運送会社と実証実験を行った上で、同年12月にLOGアルゴリズムを搭載した運送会社向けSaaS「AI自動配車アシスタント LOG」の提供を開始した。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事