農作物の「地産地消」で物流コストを減らそう

農作物の「地産地消」で物流コストを減らそう

NTTドコモなどが実証プロジェクトを開始へ

 NTTドコモなどは1月21日、農作物の物流に要する時間やコストを減らし、新鮮な野菜などを地産地消できるようにする実証実験「地元を食べようプロジェクト」を行うと発表した。

 プロジェクトには横浜農業協同組合(JA横浜)、Tsunaguも参加。3者が連携し、2月1日から3月31日までの間、飲食店やホテル、メーカーなど農作物を必要としている「買い手」と、生産者の「売り手」のニーズをマッチングするプラットフォームを展開する。

 売り買いが成立した農作物は、あらかじめ指定した場所に生産者が持ち込み、買い手側が受け取りに行くアセンブリー方式を採用することでラストワンマイルの輸送をカットし、物流コスト削減を図る。生産者の作物・出荷に関するデータを収集し、計画的に販売できるようになるかどうかも見極める。


実証プロジェクトの概念(NTTドコモなど提供)※クリックで拡大


実証プロジェクトの流れ(NTTドコモなど提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事