画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

アルフレッサ、医薬品配送用EVの実証実験を開始

アルフレッサ、医薬品配送用EVの実証実験を開始

様々な環境下でも荷室内温度を15~25度に維持目指す

アルフレッサホールディングス(HD)は5月20日、子会社のアルフレッサが、低温物流関連の技術開発を手掛けるアイ・ティ・イー、自動車リースのキリックスリースと共同で、医薬品配送用EVの実証実験を5月13日に始めたと発表した。

日産自動車の「e-NV200」をベースにしており、最大積載量は350キログラム。医薬品の流通過程における温度管理、衛生管理、各種手順書の作成などに関する国際基準「PIC/S GDP」に準拠した医薬品配送の実現を目指している。

実証実験は様々な環境下でも荷室内温度を15~25度に維持できるかどうかを見極め、検証を重ねる。

共同開発したEVは荷室内の温度管理機能を備え、運転席と区分けされた荷室部分に冷凍機とアイ・ティ・イーが開発した特許技術を用いた保冷剤を導入。外部電源により車両を充電すると同時に冷凍機を稼働させ、保冷剤を凍結させる仕組み。外部電源を切断した後も荷室を冷却できるため、電力を使用せずに車両荷室内を最適な温度に保つと見込む。


車両側面


車両後方(いずれもプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事