画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

メルロジとヤマト、フリマ商品の集荷梱包サービス実証実験を都内一部エリアで開始

メルロジとヤマト、フリマ商品の集荷梱包サービス実証実験を都内一部エリアで開始

ユーザー自宅へドライバーが訪問、ハードル下げ利用促進狙い

フリーマーケット(フリマ)大手のメルカリは5月23日、傘下で物流サービスの企画・開発・運営を行うメルロジがヤマト運輸と共同で、同日から6月30日(木)までの間、東京都内の一部エリア(江東区亀戸、江東区豊洲、杉並区高円寺南、杉並区高円寺北)を対象に、フリマで取引が成立した商品の集荷梱包サービスの実証実験を実施すると発表した。

160サイズ(所定の3辺サイズ合計)までの商品に対し、ヤマトが集荷・梱包・発送を担う。

メルカリは、フリマ利用者へのアンケート調査を基に、フリマへの出品意向はあるものの経験していない潜在的なユーザーが3610万人に上ると推計。出品しない理由の中で「梱包・発送作業が大変そうだから」が最も多かったため、ヤマトが作業を代行することで出品のハードルを下げるのが狙い。

メルカリは2020年2月にヤマトホームコンビニエンスと組み、450サイズ(所定の3辺サイズ合計)までの中型~大型商品に関してドライバーが出品者の自宅を訪問、梱包・発送作業を代行する「梱包・発送たのメル便」を開始。さらに対象の商品を広げ、ニーズが見込めるかどうかなどを見極める。

実証実験期間中、対象エリアに在住の出品者が取引成立後にメルカリのアプリ上で「梱包依頼」を選択すると、ヤマトのドライバーが出品者の自宅を訪問し、出品物を預かり梱包を代行する。梱包費用は一律500円(送料別・税込み)で、集荷費用などが別途必要。配送方法は「らくらくメルカリ便」のみと設定している。


(いずれもプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事