画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

安田倉庫、埼玉・加須で4.2万㎡の医薬品向け倉庫を開設へ

安田倉庫、埼玉・加須で4.2万㎡の医薬品向け倉庫を開設へ

24年3月竣工予定、首都圏全域や東北をカバー可能

安田倉庫は5月24日、埼玉県加須市で倉庫を建設すると発表した。

同社は2030年をにらんだ長期ビジョンや中期経営計画で、物流事業の基本戦略「付加価値の高いサービスの提供に向けたソリューションの強化とネットワークの拡充」を掲げている。加須市の倉庫は需要が伸びている医薬品向けとして運用する。

地上4階建て、延床面積は約4万1700平方メートルを計画しており、2024年3月の竣工を見込む。 

建設予定地は東北自動車道加須ICに至近で、首都圏全域と東北地域をカバーできる拠点として配送機能をさらに強化するとともに、医薬品の保管管理に対応した設備を導入し、医薬品物流サービスの拡大を図る。

施設の概要(予定)

所在 埼玉県加須市北大桑
敷地面積 約21,400㎡(約6,400坪)
延床面積 約41,700㎡(約12,600坪)
主要構造 鉄骨造(免震構造)
階数 倉庫4階建


倉庫の完成イメージ(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事