画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

CO2排出量見える化・削減支援サービス「アスゼロ」、物流・資材調達の最適化マッチングサービスを開始

CO2排出量見える化・削減支援サービス「アスゼロ」、物流・資材調達の最適化マッチングサービスを開始

希望条件に合う取引先を選定、サプライチェーン全体で脱炭素後押し

アスエネは6月8日、CO2排出量の可視化・削減を後押しするクラウドサービス「アスゼロ」で、物流・資材の最適な調達が可能となるマッチングサービスを開始したと発表した。

アスゼロは企業・自治体を対象に、Scope1~3にわたるサプライチェーン全体のCO2排出量の見える化・削減をサポートするほか、コンサルティングを実施。ワンストップソリューションとして、企業の脱炭素経営推進に向けた包括的なサービスを提供している。

製造業などのユーザーから「見える化は順調に進んでいるが、効果的な削減手法に悩んでいる」との相談が増えているため、より機能を高め、脱炭素経営推進をさらに加速させることを目指す。


物流・資材調達の最適化マッチングサービスの詳細(アスエネ提供)

マッチングサービスでは運搬車両の手配やルートの最適化などを提案。専門のスタッフが、CO2排出量を削減可能な取引先を紹介する。特にScope1(直接排出)やScope3(サプライチェーン排出)で最適な提案ができるのが強み。日本全国の対象地域から、希望条件に合う取引先を選定し、より環境に配慮した物流・資材調達の実現を可能にする。

(藤原秀行)

nocategoryカテゴリの最新記事