【動画】楽天など、「目視外飛行」のドローン物流実証実験に成功

【動画】楽天など、「目視外飛行」のドローン物流実証実験に成功

3キロメートルを10分間で移動

 楽天と東京電力ベンチャーズ、地図大手のゼンリンは1月25日、埼玉県狭山市の浦山ダム周辺でドローン(小型無人機)を使った物流の実証実験を行った。同市とも連携し、操縦者らの目が届かない遠距離を、途中の経路に補助者を置かずにドローンを飛ばす「目視外飛行」で商品を配送、無事成功した。

 実験は国土交通、環境両省の事業の一環として実施。ダムから約3キロメートル離れたレクリエーション施設のバーベキュー場を利用している人が、買い忘れた虫刺されの薬やウェットティッシュ、紙皿を楽天の専用ショッピングアプリで購入、届けてもらうという場面を想定して行われた。

 ドローンは楽天が自律制御システム研究所(ACSL)と共同開発した国産の機体を利用。約250グラムの商品を搭載し、同日昼前にダムを離陸した後、周辺にある東京電力の鉄塔と送電網に沿う形で、約10分かけて目的地まで自動的に飛行、着陸した。

 鉄塔の上約30メートルを飛ぶように設定しており、スピードは最大で時速約30キロメートル。飛行に際しては3次元の地図データや周辺の気候や風速を考慮しながら、ドローンが自動でルートを調整した。目視外飛行によるドローン物流の実験に成功したのは、昨年11月の日本郵便に次いで2例目。


荷物を積み込んで離陸するドローン


荷物を載せて飛び立つドローン


鉄塔に沿って飛ぶドローン


無事自動的に着陸するドローン

楽天は19年度中のドローン定期配送サービス開始目指す

 3社は鉄塔や送電線を使い、ドローン専用の飛行空域を設定して物流企業などに提供する「ドローンハイウェイ構想」を推進している。今回の実験の成果などを踏まえ、構想の早期実現を目指す。

 楽天は既にゴルフ場での商品配送などにドローンを活用してきた。実験で得た知見を生かし、19年度中に中山間地など人口の少ない地方エリアでドローンによる定期的な配送サービスを始めたい考えだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事