トルビズオンや下関市など、森林上空にドローン物流などの空路設計で連携

トルビズオンや下関市など、森林上空にドローン物流などの空路設計で連携

地権者の合意形成促進、今秋には実験も

ドローン(無人航空機)の安全飛行支援を手掛けるスタートアップ企業のトルビズオン(福岡市)は8月5日、全国森林組合連合会子会社の組合林業や下関市などと連携し、私有林の上空をドローンが飛行できる環境整備を推進すると発表した。

関連記事:ドローン安全飛行支援手掛けるトルビズオン、2500万円の資金調達

トルビズオンは、ドローンの空中使用権を取引する専用ウェブサイト「sora:share(ソラシェア)」を展開している。同サイトを活用し、森林の上空飛行に関してあらかじめ地権者の合意を形成、将来のドローン物流などに活用できる空路の設計を促進する。山口県森林組合連合会と山口県西部森林組合の協力も得る計画。

併せて、下関市などは今年秋をめどに、下関に設けたドローン専用の「空の道」を利用し、物流用ドローンの社会実装実験を行う予定。


ドローンの上空使用で合意形成を図る(写真はトルビズオンなど提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事