画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

CPDと三菱HCキャピタル、JR西日本不動産開発が名古屋で共同開発のマルチテナント型物流施設が竣工

CPDと三菱HCキャピタル、JR西日本不動産開発が名古屋で共同開発のマルチテナント型物流施設が竣工

2.3万㎡、市中心部から10km圏内

センターポイント・ディベロップメント(CPD)と三菱HCキャピタル、JR西日本不動産開発は6月13日、共同で開発してきたマルチテナント型物流施設「CPD名古屋みなと」が5月31日に竣工したと発表した。

地上4階建て、延床面積は約2万3000平方メートル。1フロア約1700坪(賃貸区画)を備え、約2200坪(同)からの分割利用に対応。

名古屋市中心部から10キロメートル圏内に位置し、市南部の基幹産業道路の国道23号名四バイパスの寛政ICまで約1キロメートルで、名古屋圏内を広くカバーする配送拠点に適していると見込む。

東名・新東名高速道路に直結する伊勢湾岸自動車道の名港中央ICまで約6キロメートル、名古屋第二環状自動車道の飛鳥北ICまで約6キロメートルと、中部圏に加えて東日本・西日本向けの広域配送拠点としても利便性が高い立地。さらに、名古屋駅につながるあおなみ線の稲永駅からも徒歩約4分で、周辺には豊富な労働人口を抱える住宅エリアが広がり、雇用確保の面でも優位性があると期待している。

1平方メートル当たり床荷重1.5トン、柱スパンは11メートル×10メートル、梁下天井有効高5.5メートル(一部は7.0メートル)と、最新型物流施設の標準的仕様を持つ。1階には現場対応用の荷受事務所を設置しているほか、庫内には荷物用エレベーターを3基、
垂直搬送機を3基設置。多様な荷物への対応が可能となり、貨物の搬送および保管の効率化を実現する。

庫内にはA-SAFE社製の衝撃吸収に優れたボラード(ガードレール)を採用し、入居企業のオペレーションにも配慮。外壁に断熱性能の高いサンドイッチパネルを採用したほか、全館LED照明や昼光利用センサーを備えるなど省エネ対策を施し、環境負荷低減に配慮。CASBEE(建築環境総合性能評価システム)「Aランク」、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)「5スター」、ZEBready(建築物の一次エネルギー消費量に関する評価)を獲得済み。

制震ブレース(筋交い)を採用した揺れに強い構造、非常用発電機の設置に加え、浸水対策として受変電設備を2階のバルコニーに設けるなど、入居企業のBCPニーズにも配慮している。

■施設概要
施設名:CPD名古屋みなと
所在地:愛知県名古屋市港区十一屋一丁目16番1
敷地面積:11,600.31㎡
延床面積:23,700.77㎡
構造:鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造 4 階建
着工:2021年4月1日
竣工:2022年5月31日
監理監修:株式会社エノア総合計画事務所
設計施工:東亜建設工業株式会社
施主:名古屋みなとロジスティクス特定目的会社

■位置図

■外観

■内観
<倉庫>

<トラックバース>

<事務所>

<エントランス>

(いずれもプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事