ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

新東名と東北道の一部で最高速度120キロメートルに引き上げ

新東名と東北道の一部で最高速度120キロメートルに引き上げ

国内初、警察庁が3月1日から試行

 警察庁は1月30日、高速道路の新東名道と東北道の一部区間で、上下線ともに3月1日午前10時から最高速度を120キロメートルまで引き上げると発表した。この区間で2017年から試験的に110キロメートルと設定した結果、安全性に大きな問題はないと判断した。

 対象は新東名の新静岡IC~森掛川IC(静岡)の約50キロメートル、東北道の花巻南IC~盛岡南IC(岩手)の約27キロメートル。カーブや勾配が少ないことなどを考慮した。国内の高速道で最高時速が120キロメートルとなるのは初めて。

 1年以上継続し、問題がないかを見極めた上で、他の高速道にも拡大するかどうかを検討する。ただ、トラックなど大型貨物車は80キロメートル規制を維持。普通車との速度の差が大きくなるため、警察庁は追突事故などが増えないようパトロールを強化する構えだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他省庁カテゴリの最新記事