画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

阪急阪神エクスプレス、フィリピン・マニラ近郊に「ラグナ第二倉庫」を開設

阪急阪神エクスプレス、フィリピン・マニラ近郊に「ラグナ第二倉庫」を開設

5760㎡、検品や流通加工なども展開

阪急阪神エクスプレスは7月14日、フィリピン現地法人のHANKYU HANSHIN LOGISTICS PHILIPPINES INC.が、首都マニラ近郊ラグナ州の工業団地「ラグナテクノパーク」内にあるラグナ本社倉庫に隣接して「ラグナ第二倉庫」を新設したと発表した。7月16日に営業を開始する。

新倉庫は、倉庫面積が5760平方メートル。検品や流通加工なども手掛ける予定。

同工業団地はPEZA(Philippine Economic Zone Authority、フィリピン経済特区庁)認可の経済特区で、ニノイ・アキノ国際空港、マニラ中心部からいずれも車で1時間以内。多くの日系企業が進出している。

新型コロナウイルス禍による国際物流の混乱は在庫の積み増しや部品不足に伴う仕掛り在庫の増加を招き、税制面で優遇措置を享受できる経済特区の倉庫需要が急激に高まっている。第二倉庫を新たに開設し、旺盛な倉庫需要に対応するとともに、危険品倉庫としても機能する本社倉庫と両輪で、ロジスティクス事業の拡大を図る。

<概要>

(藤原秀行)※いずれもプレスリリースより引用

物流施設/不動産カテゴリの最新記事