画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

サントリーHD、国内トラック輸送の一部で再生可能資源由来のリニューアブル燃料導入開始へ

サントリーHD、国内トラック輸送の一部で再生可能資源由来のリニューアブル燃料導入開始へ

従来燃料からCO2排出量を約90削減と期待


リニューアブル燃料の給油スタンド(東部ネットワーク 海老名営業所)(プレスリリースより引用)

サントリーホールディングス(HD)は7月20日、国内での製品のトラック輸送の一部で2022年中に、リニューアブル燃料(再生可能資源由来の燃料)の導入を開始すると発表した。

採用する燃料はフィンランドのエネルギー企業ネステが開発した「NESTE Renewable Diesel(NRD)」。生物(バイオ)由来の非可食油を原料に精製された燃料で、石油由来の軽油を使用した際と比較すると、CO2の排出量を約90%削減できるという。既存の車両や給油関連施設をそのまま使用できるため、今後国内での利用拡大が期待されている。

NRDの本格導入に先立ち、今回の取り組みに賛同するサントリーHDと物流子会社のサントリーロジスティクス、伊藤忠商事、伊藤忠エネクス、鴻池運輸の5社で実証実験を行った。検証の結果を踏まえ、サントリーHDの配送ルートの一部で、今年中に本格運用を開始する予定。

サントリーグループは、「環境目標2030」の中で、2030年までに温室効果ガス排出量を自社拠点で50%削減、バリューチェーン全体で30%削減することを目指し、様々な取り組みをグローバル規模で進めている。

■実証実験 概要
期間   2022年6~7月
実験内容 「Neste Renewable Diesel」を使用した運行テスト
検証内容 燃料の性能・運用課題の有無・持続性ほか
運行区間 関東圏の当グループの生産拠点・物流拠点間
参加企業
伊藤忠商事、伊藤忠エネクス、鴻池運輸、サントリーホールディングス、サントリーロジスティクス

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事