新日鉄住金エンジニアリング、名古屋市で物流施設着工

新日鉄住金エンジニアリング、名古屋市で物流施設着工

JR東海物流から受注、延べ床面積1万470平方メートル

 新日鉄住金エンジニアリングは2月1日、名古屋市でJR東海物流から受注した物流施設「ジェイアール東海物流倉庫」の建設を始めたと発表した。

 地上2階建て、延べ床面積1万470平方メートル。今年11月末の完成を計画している。

 新日鉄住金エンジの耐震・制振部材「アンボンドブレース」を導入するなどして、耐震性能を高めつつ従来工法より鋼材の重量を15%程度減らすことに成功した。

 同社の物流施設受注は直近の10年間で延べ約230万平方メートルに達している。高品質の鋼材や独自の建築技術を駆使し、今後も安定した受注を確保したい考え。


「ジェイアール東海物流倉庫」の完成イメージ(新日鉄住金エンジニアリング提供)

(藤原秀行)

 

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事