画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

セイノーHD、メール便やポスティング展開する地区宅便を9月1日付で買収

セイノーHD、メール便やポスティング展開する地区宅便を9月1日付で買収

ラストワンマイル配送のネットワーク強化狙い

セイノーホールディングス(HD)は、首都圏を地盤にメール便などを扱う物流企業の地区宅便(東京都練馬区高松)の株式100%を9月1日付で取得、買収すると発表した。取得額は開示していない。

地区宅便は本社のある東京都に加え、埼玉県や千葉県、北海道にも支店を構える老舗のメール便・ポスティング会社。1980年の設立以来、メール便事業のパイオニアとして、独自の商品追跡管理システムを導入するなど業界を常にリードした存在。長年培ったノウハウを生かし、強固なラストワンマイルの配送ネットワークを構築・運営している。

セイノーHDは地区宅便を傘下に収め、中期経営計画「Connecting our values」に盛り込んだラストワンマイルのネットワーク強化につなげたい考え。

EC市場の成長が続く中、利用顧客は商品をアイテム購入することで注文頻度が増え、宅配貨物のサイズは小さくなってきている傾向があるのを踏まえ、地区宅便が持つラストワンマイルのネットワークとセイノーHDが持つ幹線ネットワークを組み合わせ、時代の変化に即した新たな配送ネットワークの構築を目指す。

セイノーグループ入りした後も、地区宅便は社名を維持。トップにはセイノーHDで配送ネットワークの整備やドローン物流の実用化に取り組む河合秀治執行役員が就く予定。

【地区宅便 会社概要】

商号 株式会社地区宅便
所在地 東京都練馬区高松5-8-20 J.CITY TOWER16階
代表者(※1) 鎌田 光男
事業内容 メール便発送・配送事業、ポスティング事業、メディアレップ・広告事業
設立 1980年12月
資本金 82百万円

【地区宅便の関連子会社】

商号 株式会社地区宅便
所在地 千葉県千葉市緑区大野台2-6-1
代表者(※2) 鎌田 光男
事業内容 メール便発送・配送事業、ポスティング事業、ロジスティクス事業
設立 1995年8月
資本金 40百万円
株主及び持株比率 株式会社地区宅便 100%

【本株式取得後の経営体制(2022年9月1日付)】

商号 株式会社地区宅便
所在地 東京都練馬区高松5-8-20 J.CITY TOWER16階
代表者 河合 秀治
株主及び持株比率 セイノーホールディングス株式会社 100%

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事