画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

NEC、量子コンピューティング技術活用した保守部品の配送計画立案システムを本格導入

NEC、量子コンピューティング技術活用した保守部品の配送計画立案システムを本格導入

翌日の配送計画立案作業時間を10分の1に短縮見込む

NECとICT機器の保守サービスを手掛けるNECフィールディングは9月9日、量子コンピューティング技術を活用した保守部品の配送計画立案システムを構築、10月から東京23区内の保守部品配送へ本格的に導入すると発表した。

毎日2時間かけて行っている翌日分の保守部品の配送計画立案作業が10分の1の12分に短縮、業務効率化に貢献できると見込む。

NECフィールディングは、NEC製と他社製のICT機器、非ICT機器に故障が発生した際、カスタマエンジニア(CE)が拠点から顧客の現場に出向いて保守作業を行うサービスを提供している。CEのスキルや到着時間を基に出動計画を作成、交通事情を加味しながらパーツセンターから保守部品を配送している。

しかし、緊急対応や定期保守、時間指定の対応など様々なオーダーが存在するほか、配送エリアや部品の種類・サイズ、トラック・バイクなどの配送手段の組み合わせは膨大になり、配送計画の立案作業に時間が掛かる上、配送コストを抑えた効率的な配送計画を立案できる人材が限られるといった課題を抱えている。

両社は量子コンピューティング技術により大規模な「組み合わせ問題」の超高速処理を実現するNEC Vector Annealingサービスを活用した実証実験を今年2月より実施。実証実験の結果、量子コンピューティング技術を活用し立案した配送計画が熟練の作業者と同等程度の内容であることが確認できたため、第1段階として立案作業効率化・属人化解消に向け約50件の翌日分の配送計画へ適用するため新システムを開発した。

新本システムは、配送計画立案の作業時間を10分の1に短縮するだけでなく、適用する業務範囲や対象エリアの拡大により配送車の削減や距離の短縮化を実現し、配送コストを3割程度削減できる見込み。両社は今後、保守部品の配送計画の立案に関わる作業者の負荷軽減に加え、配送効率の向上によるコスト削減やCO2排出量の低減を目指す。


システムイメージ(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事