画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

国内初、EVトラック「電池切れ」時の代替輸送補償付き保険提供へ

国内初、EVトラック「電池切れ」時の代替輸送補償付き保険提供へ

年1回まで、最大5万円

三菱ふそうトラック・バスは9月15日、EV(電気自動車)トラックが荷物を運ぶ際に電池切れ(電欠)を起こした場合、代替輸送の費用を補償する保険プログラムを東京海上日動火災保険と組んで提供すると発表した。電欠時の代替輸送費用を補償するのは、乗用車向けも含めて国内初という。

本商品は電池残量が10%以下となった場合を「電欠」と定義している。


「eCanter」次世代モデル(イメージ、プレスリリースより引用)

本商品は三菱ふそうが2023年春に発売予定の小型EVトラック「eCanter(キャンター)」次世代モデル向けに、ダイムラー・トラック・ファイナンシャルサービス・アジアが提供するフルカバーサービスのグリーンリース契約に加入した「緑ナンバー」の事業用車両を対象とする。補償は電欠だけでなく事故によって積載物の輸送が不可能となった場合も対象に含む。

補償期間は車両のリース契約期間となり、年に1度まで、最大5万円を補償する。

本商品はマーシュ ジャパンが保険代理店を務め、事故時の加入者との連絡や保険金請求手続きなどの各種サポートを手掛ける。保険金は東京海上日動が支払う。

2017年に国内初の小型EVトラック「eCanter」を発売して以来、5年間にユーザーから得た様々なフィードバックを音に本商品を開発した。充電インフラが十分でないことなどによる電欠への不安を払しょくし、EVトラック導入に際するユーザーの懸念点を解決したい考え。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事