豊田自動織機とANA、国内初の空港内貨物牽引車両の自動走行実験へ

豊田自動織機とANA、国内初の空港内貨物牽引車両の自動走行実験へ

3月下旬から佐賀空港で展開、2020年の実用化目指す

 豊田自動織機と全日本空輸(ANA)は2月12日、空港で貨物を牽引する専用車両「トーイングトラクター」の自動走行に関する実証実験を国内で初めて、3月下旬に佐賀空港(佐賀市)で行うと発表した。


実験に用いるトーイングトラクター(豊田自動織機提供)

 約2週間にわたり、ターミナルの手荷物仕分け場から航空機の近くまでを想定した片道約100メートルのルートを、豊田自動織機製のトーイングトラクターが自動走行で往復、貨物を運ぶ。実験の際は緊急時に備え、運転手が乗り込み手動操作を可能としておく予定。

 実験に投入する車両はセンサーを使って周辺の障害物を検知、回避する機能を搭載している。両社は実験結果を生かして2020年の実用化を目指す。

 ANAは空港内の貨物輸送自動化で現場業務の負荷軽減を図りたい考えだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事