画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

小田急不動産、中部エリア初の物流施設が愛知・一宮で竣工

小田急不動産、中部エリア初の物流施設が愛知・一宮で竣工

2.7万㎡、敷地の一部を歩道状空地として開放

小田急電鉄グループの不動産会社、小田急不動産は10月3日、愛知県一宮市で開発してきた物流施設「小田急不動産ロジスティクスセンター一宮」が9月30日に竣工したと発表した。

延床面積2万6922平方メートルの4層ボックス型。同社の自社開発としては3件目で、中部エリアでは初めての竣工となる。

左)東側トラックバース 右)西側外観

名神高速道路の一宮ICから約5.8キロメートル、名古屋高速16号一宮線の一宮中ICから約2.5キロメートルの場所に位置し、名古屋市を中核とした消費地への配送拠点や中部エリアの広域配送拠点のほか、関東と関西をつなぐ中継拠点としても物流需要の高いエリアであることに加え、一宮市の市街地に近接していることから労働環境としての優位性にも期待が持てるとみている。

周辺環境への配慮の一環として、敷地の一部を歩道状空地として開放したほか、トラックバース側には遮音壁を設置。建物内には約60平方メートルのテナント専用休憩室や、身だしなみを整えやすい大型の鏡を設置した女性用トイレを各階に導入するなど、オフィスビルと変わらない働きやすさの確保を目指している。

同社は愛知県岡崎市で4件目、福岡県糟屋郡で5件目の物流施設開発に着手済み。

物件概要
所在 愛知県一宮市貴船町三丁目7番
交通 名神高速道路「一宮」IC 約5.8km
   名古屋高速16号一宮線「一宮中」IC 約2.5km
用途 倉庫業を営む倉庫
規模・構造 鉄骨造4階建
敷地面積 13,234.63㎡(4,003.47坪)※登記記録記載面積
延床面積 26,922.21㎡(8,143.96坪)※登記記録記載面積
耐床荷重 1.5t(1㎡あたり)
柱スパン 10.0m×11.7m
梁下有効天井高 5.5m(倉庫部分)
トラックバース 22台分(高床式)
トラック待機場 8台分
垂直搬送機 4基(最大積載容量:1500㎏/最大荷姿:1800W×1500L×2500H)
荷物用エレベーター 2基(最大積載容量:3600㎏/かごサイズ:3500W×4000D×3200H)
駐車場 普通車用78台分 軽自動車用3台分
設計・施工者 矢野建設株式会社
建物監修者 さくらマネジメント株式会社


広域アクセス図


所在地


平面図


倉庫内


左)エントランス 右)休憩室


左)多目的(多機能)トイレ 右)女性用トイレ


左)歩道状空地と緑地帯 右)大型トラック待機場(いずれも小田急不動産提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事