画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

KIC、神奈川・厚木でBTSの冷凍・冷蔵型物流施設が竣工

KIC、神奈川・厚木でBTSの冷凍・冷蔵型物流施設が竣工

1万㎡、太陽光発電で「地産地消・蓄電」実現へ

KICホールディングスは10月28日、神奈川県厚木市で開発してきた物流施設「KIC厚木ディストリビューションセンター」が10月20日に竣工したと発表した。

地上3階建て、延床面積は1万370㎡。入居テナントのニーズを踏まえたBTS型で、オーダーメイドの冷凍・冷蔵型物流施設。


施設の外観

圏央自動車道の圏央厚木ICから約1.4 ㎞、JR相模線の海老名駅から約1.8㎞。首都圏の幅広いエリアを対象として配送可能な物流適地とみている。

施設内の太陽光発電設備で発電した再生可能エネルギーを供給する「HES」(Hybrid Electric Supply、複合型電力供給システム)を導入する予定。生み出した電力を入居テナントが直接消費できる地産地消・蓄電型物流施設とする。

KIC厚木ディストリビューションセンターの概要

所在地 神奈川県厚木市下衣知字662
敷地面積 11,961.53 ㎡ (3,618.36 坪)
用途地域 市街化調整区域
建物竣工日 2022年10月20日
建物構造 鉄骨造
階数 地上3階
延床面積 10,370.16㎡ (3,136.97 坪)
設計監理 株式会社陣設計
建物建設 鈴与建設株式会社

【周辺地図】

(藤原秀行)※いずれもプレスリリースより引用

物流施設/不動産カテゴリの最新記事