ニチレイ社長に大櫛取締役執行役員が昇格へ

ニチレイ社長に大櫛取締役執行役員が昇格へ

大谷氏は代表権のある会長に・4月1日付

 ニチレイは2月19日、大谷邦夫社長(62)が4月1日付で代表権のある会長に就き、後任に大櫛顕也取締役執行役員(54)が昇格する人事を発表した。


大櫛次期社長(ニチレイ提供)

 大谷氏は2013年6月の社長就任から今年で6年となるため、19年4月に新たな3カ年の中期経営計画がスタートするのを前に、経営の若返りを図る。

 村井利彰会長(64)は3月31日付で会長を退き、取締役となった後に6月の株主総会を経て退任する予定。

 大櫛 顕也氏(おおくし・けんや)1988年九州大農卒、ニチレイ入社。14年執行役員、17年ニチレイフーズ社長、同年6月より現職兼務。福岡県出身。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事