画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

動画教育プラットフォーム「tebiki」、ASKUL LOGISTが物流施設で活用し独自表彰の金賞受賞

動画教育プラットフォーム「tebiki」、ASKUL LOGISTが物流施設で活用し独自表彰の金賞受賞

現場教育の改善、改革推進で表彰

現場向け動画教育システム「tebiki」(テビキ)を運営しているスタートアップのTebikiは11月16日、デスクレスワーカーの現場教育の改善を実現しているユーザーを表彰する「tebikiアワード2022」の受賞企業を発表した。

今回が初の取り組みで、「動画マニュアルによる教育効果」「動画マニュアルの作成数とクオリティ」といった複数の評価基準に基づく総合評価によって各受賞企業を決定。金賞はアスクルグループで物流事業を手掛けるASKUL LOGIST(アスクルロジスト)を選定した。


(左から)ASKUL LOGISTの坂井氏、鈴木氏、Tebikiの貴山敬代表取締役(Tebiki提供)

■ tebikiアワード2022 受賞企業
【金賞】 ASKUL LOGIST株式会社
授賞理由:
全国の物流現場にtebikiの利用を展開し、動画マニュアルを活用したスタッフ教育を推進している点を評価。

【銀賞】 東急リゾーツ&ステイ株式会社
授賞理由:
滞在型ホテル「東急ステイ」や会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ」のほか、ゴルフ場やスキー場などのリゾート施設の運営を手掛ける東急不動産ホールディングスグループの企業。全国に点在する100を超える施設で、業態ごとに多岐にわたる業務オペレーションの平準化と多能工化を動画マニュアルによって実現している点を評価。

【銅賞】 アサヒ飲料株式会社
授賞理由:
スモールスタートで導入した拠点における動画マニュアルの活用実績を基に、全国の拠点への展開を推進している点を評価。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事