画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

パイオニア、AI活用し物流やタクシー配車効率化支援するサービスのAPI提供開始

パイオニア、AI活用し物流やタクシー配車効率化支援するサービスのAPI提供開始

最適な経路や巡回順など算出、温室効果ガス排出削減にも貢献とアピール

パイオニアは11月16日、モビリティの運行をAIで効率化するシステム「Piomatix(パイオマティクス)」の新サービスとして、商用車の運行ルート最適化で物流やタクシー配車のDXを支援する「Piomatix LBS API」の提供を開始したと発表した。

LBSは「Location Based Service」の略で、位置情報を活用した情報サービスの総称として用いている。同社はAPIに関し、全国の主要道路をカバーするVICS渋滞情報にパイオニア独自のプローブ(車両走行)情報を組み合わせ、到着時間の予測精度が97.2%に上るなど、高い性能を備えているとアピールしている。

宅配やフードデリバリー、タクシー配車、訪問送迎サービスといった正確な所要時間や移動効率が求められる業態などへ「Piomatix LBS API」の導入を推進。運送事業者らの運行管理システムなどと連携させることで、人や物の移動に関わるモビリティ領域で運行業務の効率化やサービス品質向上を支援していきたい考え。

併せて、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)に向けた省エネ対策を支援するクラウドベースの既存サービス「Piomatix for Green」の「CO2排出量可視化・削減ソリューション」や「EV車両向けソリューション」も組み合わせ、輸配送分野のCO2排出削減に貢献するAPIサービスの拡張も強化する。

パイオニアは長年にわたるカーナビゲーションシステムの開発で独自の走行経路関連技術を構築、多数の特許を出願しており、特に経路探索に関する特許を現在80件以上保有。道路の種別や交差、形状、幅員、信号の有無といった環境と、渋滞や天候、時間帯といった利用状況など、移動距離や所要時間に影響を及ぼす静的・動的な要因を考慮した最適ルートを算出する技術に強みを持つ。

「Piomatix LBS API」は、そうした高度なルーティングテクノロジーや位置情報サービスをWeb-API経由で利用できる。第1弾として、以下の3種類のAPIを提供する。

出発地から目的地までの最適なルートを算出する「ルート探索API」
最大200地点までの最適な巡回順序を算出する「巡回最適化API」
複数地点間の運行距離や所要時間を高精度に算出する「ルートマトリクスAPI」

今回のAPIを駆使することで、トラックやタクシーなどの実用的な運行計画の立案が可能になり、定時運行や輸配送品質の大幅な向上を実現できると見込む。また、パイオニアのルーティングエンジニアが豊富なパラメータをチューニングする「プロフェッショナルサービス」(オプション)を使えば、これまでのルーティングAPIサービスでは対応できなかった、業種/業態特有の制約事項まで考慮したカスタムルート設計もスピーディーに構築できるという。


APIのイメージ(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事