画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

プロロジス、物流施設内業務の技能教育訓練プログラムを日本で初開講

プロロジス、物流施設内業務の技能教育訓練プログラムを日本で初開講

第1弾はフォークリフト運転、自社開発施設の就労者向けに

プロロジスは11月29日、グループのプロロジス財団が日本で初めて、物流施設内業務の技能教育訓練プログラム「コミュニティ・ワークフォース・イニシアティブ(CWI)」を開講したと発表した。

CWIプログラムの第1弾として、プロロジス財団が、フォークリフト教習事業に豊富な経験を有するジャパンクリエイト(大阪市)と提携し、フォークリフト運転技能講習を無償で提供する。

受講対象は関東・関西のプロロジスパーク7施設で就労し、入居企業から推薦を受けた人。プログラムへの参加を通じ、対象者のスキルアップを図るのが狙いだ。

物流施設内の作業に不可欠なフォークリフトの有資格者が習熟度を向上させることで現場運営の効率化が進むが、近年は技能者の世代交代が課題となっている。

プロロジスとプロロジス財団はプログラムを通じて、入居企業の課題解決に寄与するとともに、業界・社会への貢献を目指す。

プロロジスCWIは優秀な人材の確保・雇用継続が困難になりつつある物流業界の課題を受けて、2018年に米国本社で開始。求職者にトレーニングと就職支援を提供している。

米国の労働力・教育システムの変革を推進する非営利組織JFF(Jobs for the Future)とともに立ち上げたオンラインの教育訓練プログラムは、労働者に不可欠なスキルや、配送・物流業界におけるベストプラクティスについて教育。CWIは就職支援のため、地域のワークフォース・デベロップメント・ボード(労働力発展開発委員会)や就労支援プログラムとタッグを組み、求職者が雇用機会やキャリアガイダンス、就労支援を受けられるようサポートしている。

プロロジスCWIは、「2025年までに(全米で)2万5000人のトレーニングを実施する」という目標を掲げ、米国のダラス(テキサス州)、トレイシー(カリフォルニア州)、ロングビーチ(カリフォルニア州)、シカゴ(イリノイ州)、ラスベガス(ネバダ州)、アトランタ(ジョージア州)など17都市で運輸・配送・物流分野のトレーニングを1万4000人以上に提供している(10月末時点)。プログラムは英国やメキシコなどグローバルでも実施している。


日本でのプログラムの様子(プレスリリースより引用)

プロロジスとプロロジス財団はプログラムを足掛かりに、将来は外部企業・団体とのパートナーシップやCWIの発展も見据えて活動を強化していく構えだ。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事