画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

フジトランス、タイ現法が第三倉庫建設で面積を2倍以上に拡張

フジトランス、タイ現法が第三倉庫建設で面積を2倍以上に拡張

トータル6万㎡超、旺盛な物流需要に対応

フジトランスコーポレーションは12月1日、タイの現地法人が同国最大の貿易港・レムチャバン港から約30 ㎞に位置し、日系企業が多く集まるアマタシティラヨーン工業団地内に同国で3棟目となる3万2575㎡の新倉庫を建設、11月30日に開所式を執り行ったと発表した。

同社は現在、レムチャバン港近郊で倉庫2棟(計2万8000㎡)を運営している。競争力の強化と旺盛な物流需要に対応するため、3棟目の倉庫建設に踏み切った。

今後も3棟で計6万㎡の倉庫を駆使し、既存顧客へのサービス向上と新規案件の獲得を目指す。倉庫機能に加え、同国別現地法人のフォワーディングや陸送など様々なサービスメニューと組み合わせ、一貫輸送の取り込みにも注力する。

新倉庫(第三倉庫) 概要

タイ現地法人 概要
FUJITRANS LOGISTICS (THAILAND)CO., LTD.

所在地 509/4 Mu 3 Nongkham, Sriracha, Chonburi 20110, Thailand
設立日 2013年5月
代表者 President 系井 祐介
事業内容 倉庫業

FUJITRANS (THAILAND) CO., LTD.

所在地 944 Mitrtown Office Tower 16th Floor Unit, Rama 4 Road, Wangmai, Pathumwan, Bangkok 10330, Thailand
設立日 1996年7月
代表者 President 系井 祐介
事業内容 輸出入乙仲業、NVOCC業、梱包業、モータープール運営、トラック輸送業、船舶代理店業等

(藤原秀行)※写真はプレスリリースより引用

物流施設/不動産カテゴリの最新記事