日本GLPの沖縄初物流施設が浦添で竣工、県内物流大手あんしんが1棟全体利用

日本GLPの沖縄初物流施設が浦添で竣工、県内物流大手あんしんが1棟全体利用

6.2万㎡、那覇隣接エリア

日本GLPは3月13日、沖縄県浦添市で延床面積6万1968㎡の物流施設「GLP沖縄浦添」が竣工したと発表した。

シンバホールディング(同市)傘下で沖縄県下最大規模の物流会社社あんしん(同)が専用施設として1棟全体を利用、同社の「あんしん総合流通センター」として稼働させる。

「GLP沖縄浦添」は日本GLPが沖縄県で初めて開発した施設。県内最大規模の先進的物流施設として、あんしんと協働で開発を進めてきた。


「GLP沖縄浦添」外観

那覇市に隣接する浦添市で、浦添北道路・臨港道路浦添線の開通により物流施設に適したエリアに立地。重要港湾の那覇港から約6.4km、那覇空港から約12.5km、沖縄自動車道の西原ICから約6.0km。県内の広域配送拠点に最適と見込む。

軽自動車の保有台数が多い沖縄県の情勢を配慮し、軽自動車用の駐車場を含めて約270台分の駐車場を用意。周辺エリアからの通勤アクセスの利便性を確保している。

BCP対策として、非常用発電機および電気室を上層階に設置するなど、万一の高潮などへの備えにも対応。 防錆や防風・防水対策など気候風土に合わせた設計を行い、施設の高い継続使用性を確保し、あんしんの業務継続に寄与することを目指している。


エントランス


エントランス内観


倉庫内観


展望デッキ

■施設概要
施設名:「GLP 沖縄浦添」
所在地:沖縄県浦添市牧港5丁目1074番13、35
敷地面積:28,905.00㎡
延床面積:61,968.35㎡
構造:地上4階建て、耐震・鉄骨造
着工:2021年10月
竣工:2023年2月
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)、ZEB Ready認証

(藤原秀行)※写真はプレスリリースより引用

物流施設/不動産カテゴリの最新記事