ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

国際海上コンテナ車、一部区間で特車通行許可不要に

国際海上コンテナ車、一部区間で特車通行許可不要に

政府が車両制限令などの改正を閣議決定、今月20日施行

政府は3月15日の閣議で、車両制限令などの政令の改正を決定した。

40フィート背高の国際海上コンテナ車について、道路管理者が指定した「重要物流道路」の特段安全面で支障がない区間は、新たに設定する条件を満たしていれば特車通行許可申請がなくても走行できるようにするのが柱。

具体的には最大の総重量が44トン、車高4・1メートル、車長16・5メートルなどと定める。施行は今月20日付。大型車両走行の規制を見直し、活発化している国際コンテナ輸送を後押しするのが狙いだ。

併せて、関連省令を改正し、走行に際しては国際海上コンテナを運搬していることを証明する書類の携行、ETC2.0車載器の搭載などを義務付ける。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

政府・内閣カテゴリの最新記事