国交省有識者委、27日に免震・制振用装置データ不正再発防止へ報告書

国交省有識者委、27日に免震・制振用装置データ不正再発防止へ報告書

「大臣認定制度」の見直しなどが焦点に

国土交通省は3月22日、KYBなどによる建物の免震・制振用装置のデータ改ざん問題を受け、再発防止策を協議する外部有識者委員会(委員長・深尾精一首都大東京名誉教授)の第4回会合を今月27日に同省内で開くと発表した。

再発防止策を提言する報告書を取りまとめる予定。国交省は今後、報告書の内容に基づき、関連法令の見直しなどに着手する見込み。

報告書は、建築基準法に基づいて免震装置に用いる材料の性能が国の基準を満たしていると国交大臣が認定する現行制度の在り方の見直しなどが焦点となる。


昨年11月の第1回会合

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

国土交通省カテゴリの最新記事