スーパーのフジ、中国エリア全店舗に宅配ロッカー「PUDO」導入へ

スーパーのフジ、中国エリア全店舗に宅配ロッカー「PUDO」導入へ

四国の50カ所で稼働済み

中四国地方を地盤とするスーパーのフジは3月27日、複数の宅配事業者からの荷物を受け付けられるPackcity Japan(東京)のオープン型宅配ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」を中国地方の全店舗に順次導入すると発表した。

昨年11月から四国エリアの店舗で宅配ロッカーを設置しており、現在は50店舗に展開中。今月31日には広島エリア、4月4日には山口エリアでそれぞれ新たに稼働をスタートさせる予定だ。今回追加する対象は両エリアで計10店舗。


店舗への「PUDOステーション」導入イメージ(フジのプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事