SGムービング、大型貨物の輸送品質向上へ実証実験

SGムービング、大型貨物の輸送品質向上へ実証実験

ユピテル、三井住友海上と連携し振動や衝撃のデータ収集

SGホールディングス傘下で引っ越し事業などを手掛けるSGムービングは4月9日、自動車用品メーカーのユピテル、三井住友海上火災保険と連携し、輸送品質向上を目指した共同実証実験を行ったと発表した。

実験用に360度カメラや位置情報といったデータの記録媒体などを搭載した特注の家具を製造し、スタッフには事前に知らせず通常の荷物と混在させて輸送。動画やデータを基に、全行程にわたり、振動が多く発生する高速道路の場所を割り出したり、車のスピードと衝撃の相関関係を探ったり、積み替える際の倉庫と荷台の段差のどのあたりで衝撃が生じているかを見たりと、さまざまな検証を行った。

今後も3社が連携し、簡易梱包されている大型貨物の輸送品質を向上させていきたい考え。


3社が共同で制作した実験用の家具(SGムービング提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事