JR貨物の18年度輸送量は2922万3000トンで前期比7.6%減

JR貨物の18年度輸送量は2922万3000トンで前期比7.6%減

自然災害の影響大きくコンテナが1割近い落ち込みに

JR貨物が4月17日に発表した「2018年度輸送実績(速報)」によると、当期の輸送量は前期比7.6%減の2922万3000トンとなった。上期に相次いだ自然災害により山陽線が長期間にわたって不通となった影響でコンテナが1割程度落ち込んだほか、車扱は暖冬で石油製品の需要が減少したため荷動きは低調に推移した。

コンテナは9.6%減の2027万3000トン。上期に相次いで発生した大阪府北部地震、平成 30年7月豪雨、台風 20・21・24号、北海道胆振東部地震など自然災害の影響が大きく、中でも山陽線不通に伴い中国・九州発着が大幅な減少となった。

これにより紙・パルプ、食料工業品、積み合わせ貨物、化学工業品、化学薬品、自動車部品など全品目で前期を下回った。農産品・青果物は北海道産が天候不順で生育不良だったことも減少要因に挙げる。ただ建設投資が活発な関東地区で発生する建設残土により下期~足元ではエコ関連物資が堅調。ほぼ前期並みの48万7000トン(0.2%減)となっている。

車扱は2.8%減の895万トン。冬季の気温が高めに推移したことから灯油・重油の需要が減少。石油は2.9%減の607万1000トンにとどまった。セメント・石灰石は2.2%増の140万5000トンとコンテナを含めた全ての品目で唯一プラスだった。

(鳥羽俊一)

詳細はコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

JR貨物カテゴリの最新記事