日野自動車が露モスクワ州で新工場の起工式

日野自動車が露モスクワ州で新工場の起工式

年産2000台で20年央の稼働開始目指す

日野自動車は4月25日、ロシアの現地法人「日野モータース ロシア」(日野ロシア)が同24日にモスクワ州ヒムキ市で建設を計画している新工場の起工式を行ったと発表した。

新工場は敷地面積が約5万平方メートル。2020年央の稼働開始を予定しており、年間約2000台の中・小型トラックを生産する。立ち上げ時の従業員数は約60人。

日野ロシアの瀬川幹生社長は式典で「新たな工場の建設開始が示しているように、これからも市場の成長とともにロシアにおけるビジネスを長期的に拡大させていきたい。ロシアのお客さま、モスクワ州、ヒムキ市のさらなる発展に貢献していく」と抱負を述べた。

中長期経営計画でグローバル販売台数の拡大を掲げる日野は、ロシアを今後の成長が見込める市場として重視。新工場を通じて販売拡大に向けた競争力強化と現地に根付いたブランドの確立を目指す構え。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事