メルマガの配信元アドレスが変更となりました

セブン‐イレブン設置の「PUDOステーション」で処方箋医薬品受渡しの実証実験

セブン‐イレブン設置の「PUDOステーション」で処方箋医薬品受渡しの実証実験

さまざまな宅配の荷物を受け入れるオープン型宅配ロッカー「PUDOステーション」を運営するパックシティジャパン(PackcityJapan)は5月20日、セブン‐イレブン・ジャパン、調剤薬局チェーン「アイン薬局」を展開しているアインホールディングス(HD)の両社と連携し、セブン‐イレブン店舗に設置しているPUDOステーションを活用した「処方箋医薬品受渡しサービス」の実証実験を同日開始すると発表した。

今回の実証実験では、服薬指導後の処方箋医薬品を、アイン薬局の近隣にあるセブン‐イレブン店舗のPUDOステーションを活用して受け取ることで、昨今の新型コロナウイルス感染拡大を受けた非対面・非接触のサービスニーズに対応する。期間は11月19日までの半年間で、実施するのは川崎市と埼玉県富士見市、久喜市のアイン薬局計4店舗が対象。

各社は時間に縛られずに薬を受け取りたい、感染防止対策として非接触で薬を受け取りたいといったニーズに応えることで、利便性の向上と顧客満足度向上につなげたい考え。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事