ANA Cargo、大型精密機器の輸送サービスを6月開始へ

ANA Cargo、大型精密機器の輸送サービスを6月開始へ

「777F型」2機活用、成田~上海と成田~シカゴ線対象

ANA Cargoは5月20日、半導体製造装置や医療機器など大型精密機器の輸送サービス「PRIO SENSITIVE」を6月3日に始めると発表した。

ANAグループは大型貨物機のボーイング777F型2機の導入を決めており、今年7月に成田~関空~上海~成田線、10月には成田~シカゴ線にそれぞれ投入予定。今後も精密機器の輸送需要が見込まれると判断、サービス体制を強化する。

衝撃検知ラベル「ショックウォッチ」や傾き検知ラベル「ティルトウォッチ」を付けている貨物を対象に、発着空港や経由地の空港でチェックシートに基づいて状態を厳重に監視。併せて、積み降ろしの際はフォークリフトを低速で走らせたり、空港内を輸送する際は極力段差を回避したりといった細やかな配慮を施す。


取り扱う貨物のイメージ(ANAグループプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事