テラドローン子会社のユニフライ、蘭アントワープ港で世界初の自律型ドローンによる石油化学サンプル輸送実現

テラドローン子会社のユニフライ、蘭アントワープ港で世界初の自律型ドローンによる石油化学サンプル輸送実現

時間を最大6分の1に短縮、CO2排出量も80%削減

Terra Drone(テラドローン)は6月20日、子会社でベルギーに拠点を置く運航管理システム(UTM)プロバイダーのUnifly(ユニフライ)が、化学大手BASFや検査、検証、試験および認証大手SGS、ドローン物流のADLCの3社とともに、ベルギーのアントワープ港で、世界で初めて自律型ドローンを用いた石油化学サンプル輸送を実現したと発表した。

輸送の際はユニフライのUTMを採用し、ドローンの安全な自律飛行を実現。サンプル輸送時間の大幅な短縮などに大きく貢献したという。


(テラドローン提供)

今回の輸送は、厳しい航空規制の要件を満たし、石油化学サンプルのドローン輸送を認可されたプロジェクトの一環として実施。港湾内の非分離空域で実施した世界初の輸送という。

港に到着した液体貨物船は、荷降ろしを始める前に貨物の成分を確認する必要があり、サンプルを採取し分析が行われる。これまでサンプルは、車を使って陸路で運ばれていた。

今回は目視外にある制御室から完全にコンピューター制御されたドローンを使用し、出発地から目的地まで自動で移動。こうしたドローンへの置き換えにより、輸送時間を最大6分の1倍短縮し、CO2排出量も最大80%削減することが可能になったという。

ユニフライのUTMは、飛行計画の自動承認やリアルタイムな飛行モニタリング、強化された状況認識機能により、シームレスな目視外飛行(BVLOS)を可能にし、アントワープ港での安全なドローン運航を達成した。

また、アントワープ港は既に2021年3月から港湾内でのドローン飛行にユニフライのUTMを採用。これまでに約6000件以上の飛行許可・承認手続きを処理してきた。今回の輸送も飛行許可の取得や承認管理などでもユニフライのUTMが重要な役割を果たしたという。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事