アルプス物流、中国子会社が現地企業買収

アルプス物流、中国子会社が現地企業買収

13億円超、サービス基盤強化図る

アルプス物流は5月24日、中国子会社の泰達アルプス物流(上海)有限公司が、現地の兆普電子(上海)有限公司の株式を同月27日付で100%取得、傘下に収めると発表した。取得額は8300万元(約13億3300万円)の予定。

兆普電子は台湾系のSIMPLO(新普)グループに属するSMPホールディングスインターナショナルが100%出資して2001年に設立。現在はPC周辺機器などの生産活動を停止しているが、建物は所有を続けている。

買収することで兆普電子の建物を活用し、物流サービスの基盤強化を図る。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事