シャープ、医療機器商社のムトウにAGV17台納入

シャープ、医療機器商社のムトウにAGV17台納入

集中制御システムで最適稼働、“コンベヤーレス倉庫”実現へ

シャープは5月29日、医療機器商社のムトウ(札幌市)に自動搬送装置(AGV)17台と集中制御用の「AGVオペレーティングシステム(AOS)」を納入したと発表した。

ムトウが今年4月に立ち上げた物流倉庫「東京SPDセンター」(埼玉県越谷市)に導入、5月下旬から本格稼働させる計画。


ムトウに搬入したAGV(シャープ提供)

シャープはムトウのWMS(倉庫管理システム)とAOSを連携させることでAGVを最適に制御できると強調。「“コンベヤーレス”な物流倉庫の実現と業務効率化に貢献する」と話している。

AGVは床に貼り付けた磁気テープをたどって走行するタイプ。商品入出庫の際はAGVに搭載されているリーダーでバーコードをスキャンすれば目的の保管棚や荷積み場所をWMSから自動取得、無人で届ける。6輪台車を接続すると最大500キログラムまで牽引できるという。

ピッキングの際はWMSからの指示に従い、当該商品が置かれている場所まで庫内スタッフを誘導し、モニターに商品名などを表示するため、新人でも的確にピッキングを済ませられると見込む。最大で4カ所にわたる出庫先の商品を同時にピッキングできるようにしている。
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事