ゼンリンデータコムとライナロジスティクス、宅配事業支援のプラットフォーム展開

ゼンリンデータコムとライナロジスティクス、宅配事業支援のプラットフォーム展開

より実効性ある配送経路や配車計画を作成可能に

地図大手ゼンリン傘下のゼンリンデータコムと配車システム開発などを手掛けるライナロジスティクス(千葉県市川市)は6月11日、宅配事業が抱える課題の解決を後押しするサービス「モビリティプラットフォーム(仮称)」を展開すると発表した。

ゼンリングループが所有する膨大な地図データや地図作成のノウハウと、ライナロジスティクスが持つAI(人工知能)を活用した配送計画効率化などの技術を組み合わせ、配送車両の駐停車可能な位置や通行可能な街路といった細かな情報をシステムに集積。より実効性ある配送ルートや配車計画を作成する。既存の運行管理システム(TMS)などと連携して運用することもできる。

両社は「宅配業務において高度かつ実用的な配送指示を作成することで、配送のノウハウを持たず、限られた時間のみ働くことができる主婦や副業の労働力の活用が可能になる」と説明。今後は営業車両の効率的運用のほか、タクシーやバスといった旅客輸送の分野への導入なども目指す。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事