LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

物流センターの待機時間削減へ実証実験ー日本アクセス

物流センターの待機時間削減へ実証実験ー日本アクセス

日本アクセスが経営方針説明会で表明

 日本アクセスは5月25日、2018年度の経営方針説明会を東京都内で開いた。

 佐々木淳一社長は取引先企業などの約600人を前に、新たにスタートした第7次中期経営計画(20年度までの3カ年)で物流合理化による収益改善、3PLサービスの機能強化、海外展開加速などを進める方針を表明。

 併せて、業務効率化の一環として20年までに物流センターでのトラックドライバー待機時間を3割減らす目標を掲げ、独自システムの実証実験を全国で展開する考えを明らかにした。

 佐々木社長は第6次中計(16~17年度)を振り返り、生鮮食品や外食、デリカ(総菜)の中核事業への成長、ファミリーマートとサークルKサンクスの統合に伴う物流効率化への貢献などを成果として挙げた。

 現行中計では、親会社の伊藤忠商事の生鮮食品部門と連携し、生鮮分野の機能を充実させるほか、独自商品の開発にも注力。

 物流面は自動追随台車と測位技術を活用した庫内作業の効率化、入庫管理のシステム化による業務効率改善とサービス水準向上を目指す。

 メーカー向けの引取物流「EX-FACTORY」も規模拡大を図る。

(藤原秀行)

物流合理化策などを表明した経営方針説明会

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本アクセスカテゴリの最新記事