日通、ESG高評価指標銘柄に8 年連続選定

日通、ESG高評価指標銘柄に8 年連続選定

損保ジャパン日本興亜系が運営

日本通運は6月25日、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(SNAM)が運営している「SNAMサステナビリティ・インデックス」の2019年版構成銘柄に選出されたと発表した。選出は12年のスタートから8年連続。

同インデックスはESG(環境・社会・企業統治)の評価が高い企業で構成。年金基金・機関投資家が投資運用する際の参考指標として活用されている。


「SNAMサステナビリティ・インデックス」のマーク(日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

nocategoryカテゴリの最新記事