アクセンチュアとMUJIN、AIやロボット活用したサービス提供で協業

アクセンチュアとMUJIN、AIやロボット活用したサービス提供で協業

物流の業務計画策定から最適技術導入まで包括支援

アクセンチュアと産業用ロボット開発のMUJIN(東京)は6月28日、人工知能(AI)やロボットを活用したサービス提供で協業すると発表した。

アクセンチュアが得意とする高精度な需要に基づく在庫補充最適化ソリューションなどと、MUJINが手掛けている世界最高レベルの知能ロボットコントローラーなどを連携させ、顧客企業に対して物流の業務計画策定から最適な技術の選択と導入・運用まで包括的に支援。ソリューションの差別化を図る。

アクセンチュアの江川昌史社長は「今後は生産領域にも取り組みを広げ、サプライチェーン全体の最適化も推進することを目指す」と表明。MUJINの滝野一征代表取締役CEO は「当社のロボット自動化技術がお客さまにさらなる価値をもたらしていけるよう、アクセンチュアと協力していく」と説明している。

(藤原秀行)※写真はMUJINホームページより引用

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事