運輸業の賃上げ理由「従業員引き留め」が6割と突出

運輸業の賃上げ理由「従業員引き留め」が6割と突出

東京商工リサーチ調査で待遇改善による人手確保が鮮明に

東京商工リサーチ(TSR)が7月2日に発表した2019年度「賃上げに関するアンケート」調査結果によると、同期に賃金の引き上げを実施した企業は80.9%で前期(82.2%)を1.3ポイント下回った。

関連記事:5月の運輸業倒産は24件と3カ月連続で前年同月上回る

調査は5月9~31日にインターネットで行い7693社から有効回答を得た。このうち賃上げを実施した企業は6223社で内訳は大企業が866社、中小企業は5357社だった。

運輸業で賃上げを実施(予定)したのは250社。理由では「雇用中の従業員引き留め」が60.8%と農・林・漁・鉱業(68.4%)に次いで高かった。このほか「業績回復」19.2%、「新規採用」24.8%、「同業他社の賃金動向を鑑みて」27.6%、「地域他社の賃金動向を鑑みて」18.8%、「税制など優遇策を理由するため」2.8%、「取引先(金融機関を含む)からの評価向上のため」1.6%、「給与規定に伴う定期昇給」28.8%、「その他」4.0%となっている。

TSRは「回答数100社以上の業種では人手不足が深刻な運輸業で従業員の引き留めが6割と他の業種より突出して多かった」と指摘。また「単なる賃上げだけでは人材流出の抑止力としては一定の効果にとどまる。それ以外の新たな施策も必要」と提起している。

(鳥羽俊一)

詳細はコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事