LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

プロロジス、埼玉・草加でマルチ型物流施設開発へ

プロロジス、埼玉・草加でマルチ型物流施設開発へ

延べ床面積15万平方メートル超を計画

 プロロジスは9月10日、埼玉県草加市で新たなマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク草加」を開発すると発表した。
 埼玉県企業局が整備を進めている産業団地内に建設。地上2~4階建て、延べ床面積は約15万1千平方メートルを計画している。完成は2021年の見通し。
 新施設は東京中心部まで約20キロメートル、外環道の草加ICから約4・2キロメートル。JR武蔵野線の越谷レイクタウン駅から徒歩約13分で、同社は周辺人口も多く、労働力確保に強みがあるとみている。
(藤原秀行)

「プロロジスパーク草加」の完成予想図(同社提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

プロロジスカテゴリの最新記事